リバウンドで体重が戻らないようにする為には

脳にある満腹中枢の特性を十分に認識できていないと、
ダイエット後のリバウンドで体重が増えることが多いといいます。

一度に大量の食事を摂ると、ある時満腹を感じます。
この感覚を得ることで、栄養を十分に摂ったということがわかります。
この満腹感は、リバウンドによる体重増加と密接な関係があるので、
このことをよく理解しておくことでダイエットに成功しやすくなります。

ダイエットをしていると、本人は気づかないうちに満腹感の感じ方に変化が出てくることがよくあります。
脳の満腹中枢に影響を与える物質にレプチンがありますが、
このレプチンは脂肪細胞で脂肪が合成されるとつくられます。
ダイエットで食事量を減らすとこのレプチンの量も減っていき、
結果として満腹感を感じにくくなってしまいます。

一度でも減少したレプチンが、以前の状態に戻るには、1カ月はかかってしまいます。
リバウンドが起きるのは、体内のレプチンが回復していないうちに、
満腹するまで食べてしまったことが原因です。
なぜなら、レプチンの分泌状態が元の正常な状態に戻らないうちに満腹感を感じるまで食事を摂ってしまうと
結果的にカロリーを摂りすぎることになるからです。

同じ満腹感であっても明らかに以前よりもたくさんの食事を摂っていることになり、
リバウンドしてしまう原因になります。
ダイエットによる食事制限を続けていると停滞期が発生しますが、
レプチン不足からレプチンが回復するまでの期間も同じくらいになるといいます。

リバウンドを防ぐには、体重の減少にばかり気を取られるのではなく、
体内で何が起こっているのか理解しておくことが重要です。

スリムエネマは腸内環境を整えてくれて、リバウンドしにくい体質へ