5年振りに。

長年会っていない友人からフリーメールで連絡があった。久しぶりだね、私のこと覚えてる?よかったら連絡してね、と書いてあった。記憶が正しければ、5年振りとなる連絡であった。5年振りともなるとやはり疑ってかかってしまうもので、もしや新種の詐欺なのでは?と思ってしまうほどだったが、なんでも、連絡先のデータを紛失してしまい、私に連絡しようにも連絡できなかったらしい。疑ってかかっていた私も、数年前に連絡先を全て消去してしまい、同じ状況になっていたのでなんとか納得してやりとりを続けた。ところで、どうやって友人は私の連絡先を知ったのかというと、共通の友人に久々に会って、そこで私の話題になり、連絡先を教わったのだそうだ。それならそうと先に話してほしかったが、それが分かると一気に昔話に花が咲き、私たちは昔に戻ったかのように話し始めたのだった。5年も音信不通だったとは思えないほどだった。しかし、5年という月日はお互いが変化するのに十分な月日だった。私も友人もそれはそれは、ここでは詳しく言わないが、変わってしまっていた。それは良くも悪くも、悲しくも嬉しくもある変化だった。この広い世界で、友人となり、また、巡り会えた存在を大切にしなければいけないなと思いつつも、今はその変化に戸惑いを隠せないのが事実だった。いつまでも変わらないからねと誓っていたあの日に、私は嘘をついたことになる。嘘をついたままでは心の底から笑い合える訳などない。いつか、その友人と心の底から笑い合える日はくるのだろうか。私が変化と嘘に向き合えばもしかしたら、いい日がやってくるのかもしれない。

老後の貯金は何歳から?夫婦二人でゆとりある生活には1億円